タグ別アーカイブ: 2級建築施工

平成28年度_2建築施工試験

平成29年度2級建築施工管理技士【無料:28年度実地解答参考例進呈】

平成29年度2級建築施工管理技士【無料】 28年度実地解答参考例進呈・総評

 

平成28年度2級建築施工管理技術検定 本試験検証

試験結果

  受験者数 合格者数 合格者率
学科試験 31,466人 16,331人 51.9%
実地試験 26,815人 10,437人 38.9%

 

合格発表 総評

 全国受験合格率は、「学科試験」51.9%、「実地試験」38.9%の結果となり、平成27年度より学科でプラス3.4ポイント、実地でプラス6.2ポイントでした。
●合格基準
「学科」は、40問中正解24問(24点)以上
「実地」は、得点が60%以上

【学科試験】
 前年の平成27年度が新傾向の問題が例年より多く出題されたため、合格率が厳しいものでしたが、平成28年度は、例年の難易度に戻った結果、合格率がアップしたと思われます。

【実地試験】
 施工経験記述の課題において「施工計画」の項目でしたが、実際の工事現場で、その施工に当たり事前に検討したこととその結果行ったこと、何故そうしたのかその理由を、 工種名をあげて具体的に記述する内容が出題され、細かく記述しなければならないので、受験対策が重要になりました。

 経験記述の記述量は、1級建築施工管理技術検定実地試験の施工経験記述に近づいてきた傾向となり、以前よりも記述するのに対策がさらに必要になると思われます。 実地試験の難易度は、例年と同程度でしたが、過去の「施工計画」の課題を学習していた人にとっては、有利であったと思われます。
 実地合格率が30%台と非常に厳しい傾向は続くものと思われますので、施工経験記述はもとより、施工経験記述以外の記述問題の受験対策も大変重要となります。

 将来の担い手不足が懸念されるなか、若手技術者の確保が急務であることから、施工管理技術検定においても受験資格の緩和や見直しが行われています。

 

受験者数と合格率の推移

●学科試験
学科受験者数と合格率の推移

●実地試験
実地受験者数と合格率の推移

本試験分析(総評)

出題形式は、昨年と同様でした。
難易度については、学科試験は例年と同程度かやや難しい。実地試験は例年と同程度と思われます。

《学科試験》

【建築学】
 昨年に引き続き、本年も比較的に基本問題を中心に出題され、難易度は例年と同程度と思われます。
【法規/施工(躯体工事)(仕上工事)】
 目新しい出題として、受検種別「建築」「躯体」受験者における問題No.50躯体工事で「解体工事」に関する問題がありました。 また、「仕上げ」問題No.63「壁のせっこうボード張り」に関する問題は1級建築施工「学科試験」の出題レベルであった為、難しいと感じた受験者が多かった様子ですが、 どちらの分野も選択問題形式で基本問題を中心に落ち着いて問題を選択すれば、選択解答数の範囲内で解答できたと思われます。
【共通/施工管理法】
 施工管理法で問題No.29「工程管理」、No.33「品質管理」に関する問題は、 1級建築施工「学科試験」の出題レベルであったことから難しいと感じた受験者が多かった模様。難易度は、例年よりやや難しいと思われます。

種別 分野 出題数/解答数 難易度

学科試験

(午前)

 

建築学 14問題 (選択解答数)9問題 例年と同程度
共通 3問題 「必須解答数」3問題 例年と同程度
法規 8問題 (選択解答数)6問題 例年と同程度
施工管理法 10問題 「必須解答数」10問題 やや難しい
施工 30問題 (選択解答数)12問題 例年と同程度
合計   解答数40問 同程度かやや難しい

《実地試験》

【問題1】経験記述
 施工経験記述「出題管理項目」は『施工計画』でした。 過去に繰り返し出題(平成22年、平成25年)されている「管理項目」で事前に想定していた受験者は、しっかり記述できたと思われます。
【問題2~5】記述式問題
 初出題がいくつかあり、ネットワークの計算項目が多く時間が多少掛かった様子ですが、 全体的には過去問題レベルの範囲で解答できたと思われます。

種別 分野 出題数 難易度

実地試験

(午後)

経験記述 問題1 「必須解答」 例年と同程度
記述式問題 問題2、3、4、5 「必須解答」 例年と同程度

 

 

実地試験「解答参考例プレゼント」

2級建築施工管理技士試験 問題・解答参考例

日建学院オリジナルの平成28年度
「実地試験問題・解答参考例 (学科試験正答肢付)
ご希望の方にもれなくプレゼント。

●下記ボタンよりお申し込みください。

お申し込み

 

 
施工管理

平成29年 施工管理技士検定試験制度見直しについて

平成29年 施工管理技士 検定試験制度見直しについて

土木、建築、管工事、造園 (1級・2級)

建設業法に基づく技術検定試験の制度見直しについて(国土交通省 平成26年12月24日)

1.実務経験年数の基準日を変更

  ・実務経験を学科試験前日までで計算できるように変更
  ・2級合格者の実務経験は、合格発表日から計算するように変更
  ・実務経験を有する者は、従来よりも半年以上の早期受検が可能

2.不正行為に対する罰則強化

施工管理

合格対策講座 開講時期のご案内

 

受験申請(書面)

学科講座

実地講座

土木

1級

4月上旬~中旬

3月中旬より

7月下旬より

2級

4月中旬~下旬

6月下旬より

9月下旬より

建築

1級

2月上旬~中旬

2月中旬より

8月下旬より

2級

6月下旬~7月中旬

8月中旬より

10月中旬より

管工事

1級

5月上旬~中旬

5月上旬より

11月上旬より

2級

5月上旬~中旬

9月上旬より

10月中旬より

造園

1級

5月中旬~下旬

6月中旬より

11月上旬より

2級

5月中旬~下旬

9月中旬より

10月中旬より

※基礎力をつけるための基礎講義を開講前に受講できる講座もあります。

※受験願書のお取り寄せも承ります。お早めにお申込ください。

平成28年度宅地建物取引士資格試験

2級建築施工管理技士【無料】実地試験問題・解答解説集 プレゼント

【無料】実地試験問題・解答解説集プレゼント

 日建学院淡路校では、受験生の皆様を応援する「平成27年度実地試験問題・解答参考例」のプレゼントを行っています。

present

 お申込み方法

日建学院淡路校へお申込み下さい

 お申込み:0799 – 36 – 5672

または、こちらより、必須事項と下記の講座を入力しお申込み下さい。

  •  資料請求講座名:2級建築施工管理技士
  • 受講希望講座名:実地試験問題・解答解説集

平成28年度 2級建築施工管理技士|短期集中コースのご案内

goukakuritu

学科と実地のセットコース

学科+実地の双方を学習し、2級試験のストレート合格を目指します。重要ポイントを整理して学科試験合格の知識を習得する学科講義と記述式問題を重点に短期間で試験突破のポイントを学ぶ実地講義を学習していきます。

(近年の受験者数と合格率の推移)

jitti gakka    

講座概要

対象者:初学者・受験経験者
標準(推奨)スケジュール
 基本自宅学習(通信):約5ヵ月
 講義(教室):養成アプローチ 8月中旬~
        学科講義 9月上旬~
        実地講義 10月中旬~

受講料:170,000円+税(教材費等は全て含まれます)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

カリキュラム・講義内容

基本自宅学習[全5回]

入学時~通学講座開始まで
■自宅学習内容
自宅学習用テキストで基礎的な内容を身につけます。
[1.自宅学習用テキスト]
自宅学習用テキストを読んだ後に問題を解き、基礎的な内容を正しく理解します。
[2.チャレンジ問題]
繰り返しチャレンジ問題を解くことにより、テキスト学習で理解した内容を覚えます。
[3.Web確認問題]
テキストで養った知識でWeb確認問題を解き、Webで提出。採点結果で理解度の確認をします。

■内容
[第1回 建築学]計画原論、四則計算、構造力学 等
[第2回 法規]建築基準法、建設業法、労働基準法 等
[第3回 施工管理法]施工計画、ネットワーク 等
[第4回 施工・躯体工事]仮設工事、コンクリート工事、鉄骨工事 等
[第5回 施工・仕上工事・共通]防水工事、タイル工事、内装工事、設備                  工事 等

養成アプローチ講義[全5回]

基本自宅学習で学んだ内容を映像講義にて学びます。

■講義回数
建築学:1回 法規:1回 施工管理法:1回
躯体工事:1回 仕上工事・設備工事:1回

学科講義[全10回+公開模擬試験]

重要ポイントを押さえて、学科試験の合格を目指す

全編カラー印刷による講義使用パネルを挿入したオリジナルビジュアルテキストを使用し本試験に最も直結するポイントを学習します。全10回の講義+模擬試験で重要ポイントを整理し、テストで成果の確認を行うことで、難関の学科試験合格を目指します。
■講義回数
建築学:2回 建築施工(躯体)共通:2回 建築施工(仕上げ):2回
施工管理法:2回 法規:2回

実地講義[全6回+公開模擬試験]

記述式問題に重点を置いた実地試験対策

2級建築施工管理技士資格取得の為に、必ず合格しなければならない実地試験。 年々難易度の高い問題になってきている「記述式問題」対策を第一に、過去の本試験問題を徹底分析。誰にでも解りやすく整理した教材と全6回の講義+模擬試験で重要ポイントを整理し、短期間で試験のツボを押さえて難関試験突破を目指します。
■講義回数
経験記述について:1回 施工(躯体工事・仕上げ工事)1回
施工管理法・法規:1回 経験記述:3回

使用教材

[学科]

  • 自宅学習教材一式
  • テキスト(全編カラー印刷による講義使用パネルを挿入したオリジナルビジュアルテキスト)
  • 問題集
  • Web確認問題
  • 宿題
  • テスト
  • 模擬試験
教材

[実地]

  •  テキスト
  • 宿題
  • テスト
  • 模擬試験
教材

試験日時

試験日:平成28年11月13日(日)
合格発表:平成29年2月3日(金)

試験時間

学科試験:10:15~12:45
実地試験:10:15~12:45

試験内容

「建築」「躯体」「仕上げ」のそれぞれについて、学科試験と実地試験を行います。

試験形式

●学科試験
択一式

●実地試験
記述式