平成29年度 宅地建物取引士(宅建)コース

宅地建物取引士(宅建)コース講座・コースのご案内

スーパー本科コース
日建学院が選び抜いた合格のためのカリキュラムを集約。

実績のある本科コースに「早期対策」「要点解説講義」「ズバリ解説」の3つのオプションをセットにしました。早めのスタートを切って万全の準備で臨む人のプレミアムなコースです。

本科コース
基礎から応用まで段階的に学習できる宅建受験のためのスタンダードコースです。
徹底的に分析・研究された合理的かつコンパクトなカリキュラムときめ細かな指導体制で学習をサポートします。

短期集中コース
無駄を省いた重要ポイント主義で、最短合格を目指す!
要点解説講義で試験全範囲の知識を吸収し、直前対策講義で本試験への対応力、実践力を養います。

直前対策コース
本試験に必要な知識を演習主体で再確認し、実践力を養う。
演習テスト→解説講義主体のカリキュラムで、実践力を高めるための短期通学コースです。
インプットとアウトプットの繰り返しで、確実な知識を身につけていきます。

直前攻略コース
試験直前の追い込み学習で、合格へ向かってラストスパート
本試験直前の3週間で、合格へ向けた総仕上げを行う通学コースです。予想問題を含む模擬試験と解説講義を繰り返し集中学習することで、対応力と実践力を身に付けていきます。

宅地建物取引士(宅建)

 

 

宅地建物取引士(宅建)コースのPoint

スーパー本科コース
合格のために必要なすべてのカリキュラムが要素をパックにして、通学からWebフォローまで万全の体制で合格を目指します。

本科コース
試験に出題される重要項目をじっくり学習して確実な合格を目指します。

短期集中コース
短期間の学習期間ながら、他講習期間のメインコースと同程度の充実した内容のコースです!

直前対策コース
直前対策コースは、本試験に必要な知識を演習によって再確認し、短期間で実践力を養う直前必勝コースです!

直前攻略コース
模擬試験と解説講義を繰り返す「強化スケジュール」です。
本試験形式による、頻出重要事項のチェックで総仕上げを図ります!

平成29年度宅地建物取引士(宅建)講座概要

 

スーパー本科コース

標準(推奨)スケジュール
 早期対策:11月上旬
 標準開講日:3月下旬
 推奨学習期間:約6ヵ月~10ヵ月
受講料
 250,000円 +消費税(教材費を含む)
特典割引
 ・学生割引受講料:130,000円 +消費税
 ・他 特典学費がありますのでお問い合わせください
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

本科コース

標準(推奨)スケジュール
 
標準開講日:3月下旬
 推奨学習期間:約6ヵ月間
受講料
 
200,000円 +消費税(教材費を含む)※
特典割引
 
・学生割引受講料 100,000円 +消費税
 ・他 特典学費がありますのでお問い合わせください
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

短期集中コース

標準(推奨)スケジュール
 
標準開講日:6月中旬
 推奨学習期間:約4ヶ月間
受講料
 150,000円 +消費税(教材費を含む)※
特典割引
 
学生割引受講料 80,000円 +消費税
 他 特典学費がありますのでお問い合わせください

※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

直前対策コース

スケジュール
 標準開講日:8月上旬
 推奨学習期間:約2ヶ月間受講形態通学(個別)
受講料
 100,000円 +消費税(教材費を含む)
特典割引
 各種特典学費がありますので、お問い合わせください
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

直前攻略コース

標準(推奨)スケジュール
 標準開講日:9月下旬
 推奨学習期間:約3週間
受講料
 50,000円 +消費税(教材費等は全て含まれます。)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

対象者 初学者から経験者まで
受講形態 通学(個別)
お申込み方法 日建学院各校受付またはインターネットよりお申し込みください。
≫お申し込み方法

オプション講義

コース名 概要

宅建オプション講義

「ズバリ解説講義」がインターネットで受講できます。

カリキュラム・講義内容

早期対策(アプローチ)

・スーパー本科コースのみ

【POINT!】
最初の「壁(苦手意識)」を取り払う!
「民法」や「宅建業法」など法律用語で聞きなれない言葉をチェックして理解します。本格的な学習の前に「記憶のフック」を作ることで、最初の壁を取り払います。

・入門民法 [全6回]

本格的な学習の前に、最初の壁「民法」を分かりやすく解説。誰でも分かる言葉を使って、難解な民法の考え方や学習の仕方を解説します。
【講義内容・回数】
契約:1回 能力・意思表示・代理:1回 物権:1回 担保制度:1回 
賃貸借:1回 相続・時効:1回

・アプローチ主要科目 [全8回]

主要3科目の全体像を解説し、「記憶のフック」を作ることで、重点講義に向けた知識の受け皿をつくります。
【講義内容・回数】
宅建業法:2回 法令上の制限:2回 権利関係:4回

本講義(基礎編)

・スーパー本科コース、本科コースのみ

【POINT!】

全範囲の重要項目をインプット!
当コースのメイン講義。全範囲の重要事項を基礎からしっかりとインプットします。本試験で問われる重要事項を基礎からしっかりと理解することで、知識の基盤を固めます。

・チャレンジテスト・解説講義
 テスト(1時間)・解説講義(1時間)

・重点講義 [講義28回・テスト24回]

試験全範囲の重要項目をインプットし、基礎力を習得する最重要講義。基礎項目を徹底的にインプットし合格する為の知識を習得します。
【講義内容・回数】
特別研修会:1回 権利関係:9回 宅建業法:7回 法令上の制限:5回 税法・その他:3回
【試験】
中間試験:3回 学院模擬試験:1回

本講義(応用編)

・スーパー本科コース、本科コース、短期集中コース、直前対策コースのみ

【POINT!】

アウトプットを繰り返し必要な知識を確実に!
インプットした知識はそのままでは使えません。インプットとアウトプットを繰り返し行う事で、知識の定着と実践力を養います。

・要点解説講義 [講義12回・テスト12回]
 (スーパー本科コース・短期集中コースのみ)
 過去の出題傾向や正解率データをもとに、重要項目に的を絞った的確な講義で、
 インプットした知識の定着を図ります。
【講義内容・回数】
権利関係:5回 宅建業法:3回 法令上の制限:3回 税法・その他:1回
【試験】
学院模擬試験:1回

・直前対策講義 [講義14回・テスト13回]
重要項目のアウトプットを繰り返し、必要な知識を確実に習得。答案練習により確実な知識を身につけインプットとアウトプットの繰り返しで実践力を養成します。
【講義内容・回数】
答案練習(権利関係):5回 答案練習(宅建業法):4回 答案練習(法令上の制限):3回 答案練習(税法・その他):1回
【試験】
総仕上模試:1回

総仕上げ(実践)

【POINT!】

最終追い込み学習!
試験直前期に「オリジナル予想問題」での、アウトプット力を強化する事で、本試験への実践力を身につけます。
●直前攻略 [公開模擬試験1回・厳選問題3回・直前予想模試7回]本試験予想問題を含む問題演習を、直前期に集中的に実施。本試験直前3週間のラストスパートコース。模擬試験と解説講義の繰り返しで本試験への総仕上げを行います。

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

■ 入門民法テキスト
■ 法律用語集
■ 受験対策テキストI~IV [メインテキスト]
 (権利関係編、宅建業法編、法令上の制限編、税・その他編)
■ 項目別過去問題集(4分冊)

教材

 

宅地建物取引士(宅建) 試験日 

平成29年10月中旬

試験・資格ガイド

宅地建物取引士資格試験(宅建試験)概要 (一般財団法人 不動産適正取引推進機構)