平成28年度_2土木施工試験

平成29年度2級土木施工管理技士【無料:28年度実地解答参考例進呈】

平成29年度2級土木施工管理技士【無料】28年度実地解答参考例進呈・総評

平成28年度 2級土木施工「合格実績」

平成28年度 2級土木施工管理技士試験 合格発表

試験結果

  平成28年
学科試験 学科前年比 実地試験 実地前年比
実受験者数 33,992人 +609 34,400人 +2,608
合格者数 16,422人 -5,776 10,273人 -1,063
合格率 48.3% -18.2 29.9% -5.8

総評

 学科試験の全国合格率は、前年比マイナス18.2ポイントの48.3%と前年を大幅に下回りました。前年は過去10年において最も高い合格率でしたので、その影響が今回の合格率に表れたと思われます。また、前年に比べて過去問ベースの問題の割合が減り、過去問をアレンジした応用問題の割合が増えたことも、前年の合格率を下回った要因の一つと考えられます。
 実地試験の全国合格率は、前年比マイナス5.8ポイントの29.9%という結果となり、学科試験同様、前年を下回る結果となりました。この要因としては、経験記述における解答行数の変更や、対応処置での評価の追記というように若干の変更が加えられたこと、記述式問題では前年に比べ新傾向問題の割合が若干増えたこと、などが考えられます。

 合格された方は、おめでとうございます。ここで得た知識を生かし、主任技術者として業務に邁進していただき、次なるステップへ臨んでいただければと思います。残念ながら、不合格となってしまった方は、まず、基本的な知識をしっかりと定着させることがポイントといえます。今回、学科試験において出題の割合が多かった『過去問をアレンジした応用問題』も基本的な知識を基に判断可能なものが多く出題されており、基本的な知識の定着の度合が非常に重要となります。したがって、できるだけ早い段階から受験対策を始めて知識の定着を図っていただければと思います。

 今年度の学科試験、実地試験の総評については、下記をご確認ください。

※種別:鋼構造物塗装・薬液注入及び、合格発表の詳細については試験実施機関(全国建設研修センター)ホームページ
  http://www.jctc.jp/ にてご確認ください。(2月2日~2月16日)

プレゼント

2級土木施工管理技士実地試験問題分析資料

2級土木施工管理技士実地試験「解答試案」

実地試験の解答試案を無料進呈いたします。
初めて受験される方には、参考資料として活用下さい。
ご希望の方は下記ボタンよりお申込みください。

お申し込み

今年度試験の総評

 今年度の2級土木施工管理技術検定試験では、学科・実地ともに新傾向の問題は比較的少なかったですが、応用力を必要とする問題が多かったため、十分に問題文を読み解く必要があり、 難しく感じた方も多かったと思われます。ただし、応用問題といっても、ベースとなるものは基本的知識ですので、しっかりとこの基本的知識を定着させ、試験に臨まれたかがポイントであったと思います。
 学科試験・実地試験のそれぞれの詳細について下記に示します。

《学科試験》
 学科試験は、下表のとおり、61問出題され40問解答と、例年と同形式での試験でした。

問題№ 分野 項目 出題数 解答数 解答形式
№1~11 土木一般 土工、コンクリート工、基礎工 11問 9問 選択解答
№12~31 専門土木 コンクリート構造物、鋼構造物、河川、砂防、道路、上水道、下水道、ダム、海岸・港湾、トンネル、鉄道、地下構造物 20問 6問
№32~42 法  規 労働基準法、労働安全衛生法、建設業法、道路法、道路交通法、河川法、建築基準法、火薬類取締法、騒音規制法、振動規制法、港則法、公害関連法令※ 11問 6問
№43~61 共通工学 測量、契約・設計図書 3問 3問 必須解答
施工管理 施工計画、工程管理、安全管理、品質管理、建設機械 16問 16問
61問 40問  

※法規の分野の公害関連法令(廃棄物処理法)に関する問題は、施工管理の分野
 にて出題されています。

 №1~№11の土木一般では、基本的な部分をしっかりと把握しておくことで正誤が判断できる問題が多く出題されていました。 特に【№1土質調査、№2作業に用いられる建設機械、№4軟弱地盤対策、№7コンクリートの施工、№11土留め壁の特徴】に関しては、取りこぼせない出題内容でした。

 №12~31の専門土木では、例年と変わらず、専門的な内容が出題されていますが、20問中6問解答と選択幅が広い上、【№20道路のアスファルト舗装の施工】のように、 過去問レベルの難易度が低い問題も多数あり、問題の選択次第では、得点を伸ばすことが可能であったと思われます。

 №32~42の法規では、一部の選択肢に着目点を変えた問題も出題されていましたが、基本としては過去問をベースとした問題でしたので、 落ち着いて問題文を読み判断することで、必要解答数6問すべて得点することも可能であったと思われます。

 №43~61の共通工学・施工管理は、必須で解答する問題であり、総得点に特に影響を与える分野といえます。今年度の問題は、 【№44契約約款、№47事前調査、№57ヒストグラム】のように着目点を変えたアレンジ問題が例年に比べ若干多く出題されており、難しい印象を与えますが、 基本的な部分をしっかりと把握しておくことで正誤が判断できるものも多くありましたので、施工管理における基本的知識を習得しておくことで、 得点を伸ばすことが可能であったと思われます。

《実地試験》
 実地試験の出題は、経験記述が1問題、記述式問題が8問題の計9問題で、下表のように昨年と同じ形式での出題でした。

種別 問題番号 出題内容 解答形式
経験記述 問題1 施工管理項目・課題は、「現場で工夫した安全管理(交通誘導員の配置のみの記述は除外)」又は「現場で工夫した品質管理」について記述。 必須解答

記述式

問題

問題2 盛土の締固め作業及び締固め機械 【穴埋め5つ】
問題3 法面保護工 【工法名5つ】
問題4 コンクリート用混和剤の種類と機能 【穴埋め5つ】
問題5 コンクリート打設前に確認すべき事項〔鉄筋工及び型枠〕 【それぞれ
1つずつ】
問題6 土の原位置試験 【穴埋め5つ】

選択解答

(どちらか1問題選択)

問題7 明り掘削作業時の安全管理 【穴埋め5つ】
問題8 レミコンの受け入れ検査時の試験名と判定内容 【2つ】

選択解答

(どちらか1問題選択)

問題9 バーチャート工程表の作成と全所要日数 【工程表作成】

 経験記述のテーマは「現場で工夫した安全管理(交通誘導員の配置のみの記述は除外)」又は「現場で工夫した品質管理」でした。 過去に繰り返し出題されたテーマでしたので、対応は可能であったかと思われますが、検討内容と対応処置の解答行数に変更が加えられたことと、 対応処置の部分では評価を追記するという変更がありましたので、これらの点を踏まえて文章を調整し記述解答できたかがポイントとなります。

 記述式問題は、【問題2、4、6、7】が穴埋め問題、【問題3、5、8】が文章で記述解答する問題、【問題9】がバーチャート工程表を作成する問題の計8問題で構成されていました。 『穴埋め問題』は、実地試験で出題されたことのない新規問題も含まれていましたが、語群から適当な語句を選んで記述しますので、ある程度解答を導き出すことは可能であったと思われます。 『文章で記述解答する問題』は、キーワード(解答のポイントとなる重要語句)を含んだ解答文となっているかがポイントです。 また、『バーチャートを作成する問題』では、 出題された条件(重複作業・同時作業等)をしっかりくみ取り作成できたかがポイントといえます。
 記述式問題は、学科試験において学習した内容と大多数の部分で関連していますので、学科試験の学習知識が記述式問題対策のベースとなるといえます。 学科試験の習熟度が、実地試験の対応度に大きく影響したと思われます。